ホテル制服 ホテルビスタプレミオ

提案書を見た瞬間に
「これがいい!」って思いました。

ホテルビスタ様は、2017年6月30日、横浜・みなとみらいに新店舗をオープンするにあたり、フロントスタッフ(男女)の夏用・冬用ユニフォームを導入しました。数社による提案にダイイチも参加し、最終的に弊社にお任せいただき、先日無事にご納品となりました。

 

今回は、トータルで1年以上に及んだ「ユニフォーム導入プロジェクト」の中心となった4人の方にお話を伺いました。

1. 制服導入の過程で印象に残っていることはどんなことですか?

アシスタントマネジャー:片本 様

提案書を見た瞬間に「これがいい!」って思いました。

ダイイチさんからいただいた提案書を見たとき、(今着ている)この白のジャケットは、いちばんに目につきました。白はまったく予想していない色でしたが、見た瞬間に「これがいい!」って思いましたね。

私は第一印象からずっと白を推していたのですが、実は、検討過程で一度、却下になってしまいました。汚れやすいという心配があったのと、既存店の制服とのギャップがあり一度は断念したのです。

 

一度はあきらめた白で最終決定!嬉しかったです。

そんな紆余曲折はありましたが、やはり「横浜らしさのある新店舗に合ったユニフォーム」というコンセプトに立ち返って、白のジャケットで行こうと決まりました。一度は断念していましたが、ひっくり返ったのは嬉しかったですね。「絶対着てみたい!」と思っていましたので(笑)

2. 実際に新しい制服を着てみていかがでしたか?

気持ちが上がるユニフォーム。私服としても着たいくらいです!

みなとみらいの店舗は、20階のロビーが白を基調にした内装で、窓からは海が見えます。そんな横浜らしい風景にマッチする制服だと思っています。

心配していた汚れやすさも、防汚加工の素材なので安心感はあります。あとは、やはりお気に入りの制服なので、自分自身、汚さないように気を付けますよね(笑)

お客様からの評判も良く、「かわいい制服ですね」って褒めていただくこともありますし、他店舗のスタッフからも「いいな~」ってうらやましがられます。着ているだけで気持ちが上がると言うか、とにかく毎日着るのが楽しみ。私服としても着たいくらい!そういう制服を着て働けるのは、嬉しいことですよね。

3. ダイイチの担当者(根本)はどんな印象でしたか?

いい担当者に巡り会えて良かったです。

根本さんは、私たちの要望にとことん付き合ってくれました。何度も足を運んでもらい、見本をたくさん持ってきてもらいましたが、嫌な顔一つ見せずに「いいですよ」って。本当にいい担当者に巡り会えたなと思っています。

4. 制服導入の過程で印象に残っているのはどんなことですか?

マネジャー:矢部 様

男性が女性に合わせる方針で、スムーズに決まりました。

制服を決定するにあたっては、男女でテイストを合わせることも重要なポイントでしたが、今回は、女性のユニフォームを軸に考えて、女性が決まったら、男性はその対になるようなイメージで、男性が女性に合わせる方針で比較的スムーズに決まりました。

 

横浜港を一望できる、この空間に合った制服が大前提。

ホテルマンと言うと、カチッとした3ボタンジャケットみたいなイメージがあると思いますが、今回は、もっとカジュアルな制服にしようと思っていました。みなとみらいのホテルで、20階のロビーからは横浜港を一望できる。この空間、このロケーションに合う制服というのは大前提としてありましたね。

 

夏服は、(今着ている)白の半袖シャツに決定しましたが、もう少しラフなポロシャツも候補でした。ただ、スタッフの年齢的に20代から40代まで幅広いので、どの年齢のスタッフが着ても印象が変わらないようにと、比較的スタンダードなこのシャツにしました。ホテル業界だとクールビズスタイルは珍しいかもしれませんが、私は賛成です。夏場、暑そうな服を着ていると、見ている側も暑苦しい気分になってしまいますからね。

5. 実際にユニフォームを着てみていかがでしたか?

着はじめて1ヶ月なのに、もう愛着があります。

普段の業務では20階のカウンターにいるだけでなく、チェックイン・チェックアウトのお客様を送迎したりするために、1階や玄関前に行くこともあります。今回の夏服は生地がソフトなので、動きやすくて着心地も快適です。まだ着はじめて1ヶ月くらいですが、自分たちが一から話し合って導入した制服なので、もう愛着があります(笑)

6. ダイイチにはどんな印象をお持ちですか?

迅速できめ細やかな対応に助けられました。

まず、担当の根本さんの第一印象が良かったです。スーツがオシャレだったので、「さすがユニフォームを扱う会社の社員さんだな」って思ったのを覚えています。

 

今回は、実物を見ながら検討できたのが良かった点だと思っているのですが、それができたのはダイイチさんだったからですよね。根本さんは実物をすぐに持ってきてくれました。スタッフ全員の採寸をしていただいたときもスムーズでしたし、距離的に近いダイイチさんならではの迅速できめ細やかな対応には何度も助けられました。

7. ダイイチを選んでいただいた理由はどんなことですか?

支配人:池田 様

熱意がいちばん。どこよりも熱心な提案が決め手です。

熱意ですね。数社からユニフォームの提案をもらっていましたが、提案書を作ってくれたのはダイイチさんだけでしたし、何度も足を運んでくれ、どこよりも熱心に提案してくれました。「いい制服を提案してくれたからこの会社」という決め方ではなく、「この会社にすれば、きっといい制服を提案してる」という決め方をしたのも、それだけの熱意を感じたからです。

 

「こんなに要らない」っていうくらい見本を持ってきてくれました(笑)

最初のうちは熱心さのあまり一方通行のような印象もありましたが、打ち合わせを重ねていくうちに、提案の精度も高くなってきました。そこはやはり、さすがだなあと。安心して任せることができましたね。

8. 新しいユニフォームはいかがですか?

総括支配人:大原 様

今回の制服には、上層部も現場も満足しています。

上着を白にしたのは勇気のいる決断でしたが、正解だったと思っています。特に、女性スタッフはすごく喜んでくれていますし、既存店からも「着てみたい」という意見が挙がっていますし、上層部も現場も満足できる制服になりました。

 

本部のほうでは、みなとみらいの制服の写真を採用活動に生かしていこうという話もあるようです。この店舗はロケーションも制服も魅力的なので、採用の面でもプラスに働いてくれれば言うことなしですよね。

9. 今後、ダイイチにどんなことを期待しますか?

フットワークの軽さを生かした臨機応変な対応を期待しています。

今回、ダイイチさんには急な要望にも柔軟に対応していただきました。オープンしてからもスタッフ採用があったのですが、そのときもスピーディーな対応に助けられました。地元の会社ならではのフットワークの軽さを生かして、今後も臨機応変な対応をしていただきたいと思っています。

(左から)ダイイチ担当者 営業3課 根本 裕介/ホテルビスタプレミオ 横浜[みなとみらい] 矢部様/片本様/池田様/大原様

お客様紹介

ワンランク上のスタイリッシュなビジネスホテル「ホテルビスタ」。
2005年にホテル運営をスタートしてから、今日までホテル数を増やし、現在では北は北海道・札幌から南は沖縄・那覇まで計10の宿泊特化型ホテルを営業しています。

»ホテルビスタプレミオ横浜[みなとみらい]はこちら