病院制服 国際親善総合病院

一番感動したことがあるんです。一般的な制服屋さんがサンプルを持ってきてくださる時は、箱ごとドンと置いて、「はい、どうぞ」という感じなのですが・・・

横浜市泉区の国際親善総合病院。ルーツは1863(文久3)年、山下町の外国人居留地に開設されたYokohama Public Hospital。長い歴史を経て地域医療に貢献されています。今回は事務職員の皆さんの制服のリニューアル。制服向上委員会を立ち上げ、選考を重ねた新しい制服へのこだわりなど高井文子さん、山下輝代さん、渋谷礼さんに伺いました。

 

制服向上委員会を結成

制服リニューアルの経緯を教えてください。

今まで着用していた制服は、年数が経過していたので、そろそろ変えようかという案が出ました。せっかくリニューアルするのだから、実際に毎日着ている現場の意見を取り入れようと制服向上委員会が結成されました。今回のリニューアルは、事務職員の制服です。事務担当の60名程の中から、事務所管理部、医事課をはじめ各部署から10名、年代も20代30代40代と幅広く構成されました。

 

委員会はどのように進められましたか?

まずはカタログを見て、みんなで気に入ったものに付箋を貼り、希望が多い商品のサンプルを持ってきてもらうことにしました。付箋の数がかなり多かったので、本間さんの方で在庫の有無や廃番になる商品ではないかを確認して、希望商品の中から絞り込んだ商品プラスおすすめ商品サンプルを持ってきてくれました。他の業者さんにもサンプルをお願いしていたので、サンプルの中から希望の多いデザインを残すという方法で徐々に候補を絞り込んでいきました。委員会のメンバーは自分の部署の意見を取りまとめつつ、最終的にはメンバー10人の多数決で決定しました。

何年も飽きずに着用できる制服を

候補を選ぶときに気を付けたポイントは?

デザインも含め、今までと違ったものにしたいという思いはありました。先々のこと、自分が年を重ねた時のことを考えて、どの年代でも似合う制服をということは気にかけていました。委員会は年齢層も幅広かったので、そういう面を重視して最終的にまとまりました。その他、みんなの意見で多かったのがホームクリーニングできるもの、これも譲れないポイントでしたね。

実際新しい制服はいかがですか?感想を教えてください。

軽く、着やすいところがいいなと思っています。スカートの生地が特に気に入っています。着ていて気持ちいい。私は最初からこのデザインしか見ていなかったので、これに決まった時はとても嬉しかったです。また、動きやすさも重視して、デザインもフレアスカートを選びました。ブラウスの色は白・ピンク・ブルーの3色から選べます。襟のデザインはカチッとしたシャツカラータイプと、リボンタイプの2種類があって気に入っています。医事課は患者さんと接する機会が多いので、ブラウスはリボンのデザインの着用率が高いですね、華やかさや柔らかさが求められるのでしょうか。やはりリボンがあるのとないのとでは雰囲気が変わります。外部の方と接することのない部署は着やすさを重視し、シャツカラーの方が多いです。やはり外部と接するかどうかで意識が違うと思います。ベストのポケットにフラップ(ふた)がないのも気に入っています。以前はフラップが邪魔で中に入れていました。今回のデザインでは初めからフラップがなく、その横に携帯を入れるポケットもあって助かっています。ポケットは結構重要で、付箋、ボールペン、指サック、印鑑、院内用PHS、目薬や手鏡など、いろいろなものを入れています。

いろいろなものが入っているようには見えせんね。

今回のベストは、ポケットのふくらみが目立たなくて、すっきりしています。収納力の面でも申し分ないですね。

 

ホームクリーニングができることが選ばれる条件の一つでしたが、実際洗濯はされていますか?

普通にネットに入れて洗えばアイロンなしで着られます。シワにならないのでとても楽です。以前のスカートは座りジワができていたのですが、今回のスカートは座りジワができないのもいいですね。

 

ダイイチを選んでいただいた決め手は

他社と比較して、ダイイチを選んでいただいたということですが、決め手は何だったのでしょうか?

営業の本間さんの対応の良さに尽きますね。本間さんがいなければ、他社になっていました。本当にレスポンスよく対応してくださってとてもありがたいです。こちらが、このような感じで…というようなふわっとした要望でも、期待以上のものを持ってきてくださいました。一番感動したことがあるんです。一般的な制服屋さんがサンプルを持ってきてくださる時は、箱ごとドンと置いて、「はい、どうぞ」という感じなのですが、本間さんはきちんとハンガーラックに吊るして持ってきてくださいました。それは細やかな気配りだなと感動しました。そうしていただけることで、私たちもあれこれと出し入れする手間も省けましたし、試着もしやすく本当にありがたかったです。

 

 

これから制服を導入しようとする方たちにアドバイスはありますか?

長く身につけるものなのでやはり自分の意見は言った方がいいのかなと思っています。人の意見も聞きつつ、もっとこうした方が…というように意見を言った方が自分たちの理想の形に近づけると思います。

これからダイイチに望むことは?

今後のダイイチにご要望などありますか?

夏場男性はクールビズ対応で、半袖ノーネクタイでも業務が可能ですが、女性はそうはいきません。夏仕様のベストが欲しいですね。たとえば、内側のライナーを選べて、夏場はライナーなし、冬場は裏起毛のライナーをつけるなど、自分で温度調節ができるベストを作ってもらえると便利だなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

(右端 ダイイチ 本間)

 

社会福祉法人 親善福祉協会 国際親善総合病院 様