作業服でイメージ戦略を

作業服でイメージ戦略をのメイン画像

作業服・作業着

2015.10.19

「イメージコンサルタント」という仕事があるのをご存じですか? イメージコンサルタントの仕事は、クライアントの印象・イメージをプロデュースして、ビジネスを成功に導くこと。彼ら・彼女らは、表情や立ち居振る舞い、話し方やマナーなどの総合的なアドバイスを行いますが、そのなかでも仕事の中心となるのが、服装のコーディネートによって、クライアントの魅力を最大限に引き出すことだと言えます。

服装のプロデュースだけに特化した、「服飾コンサルタント」という職業もありますが、今回はまず、この服飾コンサルタントが一般的になった出来事を一つご紹介しましょう。

ケネディは「服装」でニクソンに勝った!?

ケネディとニクソンが大統領の座を争った1960年のアメリカ大統領選は、候補者同士の討論が初めてテレビ中継された選挙でした。世論は完全にニクソンに傾いており、テレビ討論前の調査でもニクソンの支持率が上回っていました。しかし、実際に勝ったのはケネディ。この選挙で勝敗を分けたのは、ファッション(服装)の力だと言われています。

テレビ視聴者にどう映ったか?

テレビ討論時のケネディの服装は、濃紺の背広、ライトブルーのシャツ、赤と青のストライプのネクタイ。当時のテレビは白黒でしたが、濃淡のはっきりとした服装はテレビ映りが良く、視聴者に「若々しく、力強く、頼りがいのある印象」を与えました。一方、ニクソンの服装は茶系のグラデーションのスーツ。ケネディの服装に比べると地味で、白黒の映像の背景に溶け込んでしまうほど存在感のない印象でした。視聴者はニクソンを見て、「垢抜けず、弱々しく、ぼやけた印象」を持ったと言います。

中身よりもイメージ!?

ニクソンは討論の中身が重要だと考え、外見には気を遣わずにテレビ討論に臨みました。二人の政策をラジオで聞いた人は「ニクソンが勝った」と考えたそうです。しかし、テレビを見ていた人は違いました。ケネディこそが次のリーダーにふさわしいと考えたのです。

結果的に、テレビ視聴者の票がケネディに動き、ケネディが第35代大統領に選ばれました。ケネディ陣営は当日ニクソンがどんな服装で来るかということまで探っており、自身は服飾コンサルタントが選んだスーツを身に着けました。服装によるイメージ戦略で世論を動かすことを計算していたと言うから驚きですね。この選挙以降、あらゆるシーンで服飾コンサルタントの存在が注目を集めることになりました。

作業服でイメージ戦略を!

着る服によって、その人の印象が大きく変わるというのは紛れもない事実であり、これは、企業における社員も同様です。制服・ユニフォームは、企業のイメージ戦略において極めて重要な役割を果たすのです。

御社のユニフォーム(作業服・事務服)は、お客様や取引先にどんな印象を与えているでしょうか? もしかしたら、「ダサい」「古くさい」「頼りない」といった意図しないイメージを与えてしまっているかもしれません。もし、今のユニフォームが「何となく」選んだものだとしたら、一度見直してみるのがいいかもしれませんね。「どういう社員だと思ってもらいたいか?」「会社としてどういう印象を与えたいか?」を改めて考え、意図したイメージを伝えられるデザイン、色・柄を検討してみましょう。