熱中症対策の新定番!いま空調服が支持される理由とは?

熱中症対策の新定番!いま空調服が支持される理由とは?のメイン画像

空調服

2019.02.20

気温の上昇で熱中症による救急搬送や死亡者が増えている傾向にあります。夏の現場で最大の難敵とされている猛暑。炎天下の屋外だけでなく、工場内などの高温環境や空調設備のない屋内での作業効率の低下、熱中症予防などの安全対策が課題となっています。そのような環境でも企業には従業員の命を守る責任があります。

 

●空調服をご存知ですか?

・人間には、暑くなると汗をかいて体温を下げようとする機能が備わっています。この性能を活かして、「未来の服」として開発された、ファン付き作業着「空調服」です。「空調服」とは服に付いた小型ファンで、服の中に外気を取り込み、体の表面に大量の風を流すことにより、汗を気化させて、涼しさを体感できます。工場や屋外作業などエアコンの使用できないような環境でも、快適に過ごせる様になり、汗をかくほど涼しくなる!という事です。消費エネルギーもエアコン等に比べ格段にエコであると言え、環境にも配慮・アピールできます。

 

●なぜ、いま爆発的に売れているのか?

 

・現状、全国的に平均気温が高まっている中で、企業の熱中症対策への意識が高まっており、着実に需要拡大が見込まれているのが「空調服」です。身体を動かす仕事をしている人にとって、作業中の快適さは重要な要素でもあり、特に汗を大量にかく炎天下で作業する場合、熱中症のリスクも抱えるため体調には十分に配慮しなくてはありません。そこで夏でも涼しく作業ができると好評の「空調服」が猛暑対策として注目されています。空調服はバリエーションが豊富で、様々なワークシーンに対応しています。現状では土木、建設業の需要が多いが物流関係や製造業、サービ業など、様々な用途に合わせた商品が展開されています。また、高所作業の必需品・安全帯を装着しやすいフルハーネス対応や、防炎素材を使用し火気を扱う現場にも対応したもの、視認性が高い高視認性作業服まで、幅広いラインナップです。今後はイベントスタッフやスポーツなどの分野へも広がる可能性が高いと思われます。

 

●フルハーネス義務化

・2019年2月に労働安全衛生法が改正されました。

厚生労働省より発表された「平成29年度労働災害統計」によると墜落、転落による死傷災害は年間約2万件との事です。これは一日あたり50人もの作業者が墜落、転落により被災している事になります。こうした背景を受けて法律全体の見直し、義務化が実施されました。フルハーネスは労働災害を予防する物として義務化されていますが、従業員の体調管理や熱中症対策は対応が遅れています。そこで空調服の出番です!なぜならば高所作業を伴う現場には当然、空調設備や熱中症対策が揃っていません。その様な現場では意識が朦朧とし事故に繋がった事例も多くあります。空調服を着用することにより未然に防ぐ事ができる可能性があります。今では企業様からの問い合わせの中で一番多く相談いただく業種としてはフルハーネスの着用が義務化されている建設業が中心です。そのフルハーネス対応商品も続々と登場しております。是非、空調服という風を吹き込んでみてはいかがでしょうか?

 

●空調服のココがすごい!

ただ単に涼しいというだけでなく、さまざまな効果が期待されます。それは着用者の【熱中症対策】のみならず、【作業効率やコスト】、さらには【(電気代・CO2排出等を考慮し)地球環境】にまで及ぶと考えられています。実際にリピーターが続出しており、一度効果を実体験すると空調服は手放せない方がほとんどです。着ている服を冷房にした型破りの発想!灼熱でも涼しい服!歩く扇風機!などといった声もネットであがるくらいです。体の表面を冷やす事で、常に無駄な汗を抑える事により体力の消耗を抑え、熱中症予防のほか、暑さによる注意力、集中力、判断力低下の抑制などにも効果が期待できると言えます。近年では半袖やベストタイプも人気です!長袖空調服の袖の膨らみや袖の風が作業の能率に影響してしまう物流、運送業に人気でおすすめです。理由としては、手作業がしやすく、しっかりと涼しいということ。長袖タイプの空調服は、袖口まで膨らんでしまうので、ダンボールに腕を入れる箱詰め作業や、狭い場所での商品の出し入れをする倉庫内作業では、膨らんだ袖が邪魔になり動きにくいと感じる方もいます。また、袖口から風が吹き出すため、入荷伝票やピッキングリストなどのチェック作業に影響してしまうなどの障害が生じやすいこともあります。気にならない人はいいのですが、動きやすさを重視する方や、真夏に長袖を着ることに違和感のある方は抵抗があるかもしれません。コンプレッションシャツとの重ね着する事で涼感をUPする事もできます。見た目がお洒落になるという理由もありますが、それ以外に空調服の下着にコンプレッションシャツを着用すると、さらに冷却効果を上げる事ができるからです。

※コンプレッションシャツは、汗を素早く吸収し乾燥させる速乾性に優れているのが特徴です。体に密着しているため、汗が蒸発した時の気化熱冷却を肌に感じることができます。空調服は汗が蒸発したときの気化熱冷却を利用しているので、コンプレッションを着用することにより更に涼しさがアップします。

●まとめ

・常に涼しく快適な体温に!

・無駄な発汗による体力の消耗を抑え、作業効率UP!

・汗のニオイを抑える! など効果は絶大です。

空調服を着用する事によって、「熱中症対策」「作業効率UP」「省エネ」等の効果が発揮されます。普段、耐え難い暑さの中で作業しており、暑くて思うように動けないというお悩みの方には特におすすめです。エコな上に場所や設備を選ばないことから空調服の人気が高まり、街ではファンをまわして街を歩いている人を見かけるようになりました。熱中症は真夏だけでなく、湿度の高い梅雨時期から発生率が上昇します。空調服が必要になる季節はすぐそこ! ぜひ新感覚の涼しさを体感してください。

 

空調風神服の通販はこちら