社員インタビュー

部下の挑戦をサポート
できる役職者に

営業3課 営業

加賀Kaga

アイスホッケーが
今の自分を作った

8歳から続けているアイスホッケー。いまも社会人チームに所属しています。アイスホッケーは交代が激しく、5人1グループになりワンプレー1分足らずで交代していきます。
1秒経つと状況は変わるので臨機応変な対応が必要ですし、一人でも違うことをすると試合に支障をきたすため、自分勝手なことをすれば試合に出られません。
協調性やすばやい判断力など学ぶことが多く、精神的に鍛えられました。
負けず嫌いな性格になったのもホッケーと出会ったからだと思います。

お客様と先輩に
育ててもらった

幅広い業界と関わる営業のおもしろさに惹かれ、ダイイチに入社しました。横浜の中区・西区エリアを主に担当しており、多くのお客様は作業服を着用されています。
作業服を扱うことが多い中、全国展開のベーカリーチェーン様のオリジナルユニフォームを担当した案件は深く印象に残っています。
オリジナルデザインの提案も、人数の多い大規模なリニューアルも、街を歩いていてよく見かける業種のお客様を手掛けるのも初めてでした。
わからないことだらけで、先輩と2人で訪問すると、先輩がほとんどお客様と話をして、自分は必至にメモを取るばかりでした。先輩に担当の自分がどうしたいか、それをやりたい理由は何なのかを聞かれて、自分で考え、それに対して具体的なアドバイスをもらいながら仕事を覚えていきました。
訪問すると、お客様と先輩が自分を指導するみたいな環境でした(笑)。お客様も見守ってくれて、ミスをした時も先輩と2人で笑って許容してくれる。
長いお付き合いの中で、歴代の先輩たちがお客様と良好な関係を築けていたから、新人の自分を受け入れてくれたのだと思います。
お客様と先輩に育ててもらいながら、納品まで完走したことで、仕事に対して少し自信が持てました。
店舗を見に行って、スタッフの皆様の新しいユニフォーム姿を目にした時に初めて達成感を感じました。

相手によい印象を
持ってもらう努力

先輩たちに叱られたエピソードは数限りなくあります…。社会人としてのマナーや、相手によい印象を持っていただくための声の出し方や距離感まで、先輩に徹底的に注意されました。
新人の頃は焦ってしまい、8割くらい自分が言いたいことばかり話して、お客様は「はい」か「いいえ」で答えるしかないような状況を作ってしまったこともあります。
一度だけ自分に対するクレームをいただいたことがありました。上司が謝罪のために訪問したところ、「商談中に怒って強い態度で対応されたのは初めてです」と言われたそうです。自分はまったく怒ったつもりはありませんでしたが、必死で説明しようとして口調が強くなったり、顔がこわばったりしたことで相手に悪い印象を与えてしまったのかもしれません。
その一件もあり、明るい印象を持っていただけるように声のトーンや表情には気を付け、商談では気負わずリラックスするように心がけています。

部下の挑戦をサポートできる
役職者に

仕事でもアイスホッケーでも、尊敬する先輩がいると自分も近づきたい、吸収したいと思います。
5年後の自分を想像した時、人を指導する立場に立っていたいですね。いまは正直、後輩をきちんと見てあげられていないし、人に教える難しさを学んでいます。
自分を教えてくれた厳しくも優しい先輩たちは本当にすごいですね。何か失敗しても、最後は先輩が何とかしてくれるという安心感があったから、さまざまなハードルに立ち向かっていけました。
自分も部下を持った時に、ひるまず挑戦できる環境を作ってあげられるようになりたいと思います。

社員の一日1Day Schedule

出社

メールチェック

お客様からのメールや注文内容の確認を行います。

発注手配

営業アシスタントとコミュニケーションをしっかりとり、
手配ミス等を防ぎます。
新聞や情報誌をチェックし社会情勢や各業種の業界情報等
を収集します。

朝礼

営業活動

新規、既存のお客様へ訪問またはリモートで商品提案や打合せを行います。
問い合わせの対応、見積作成等たくさんの業務があるため優先順位や段取りをすることで効率的に行います。

昼休憩

営業活動

提案ではお客様のニーズにあったものや快適に仕事ができるように、実際にお客様の立場になって商品選定をするよう心がけております。

社内業務、後輩指導

メールのチェックや今後のスケジュール確認、メーカーの方と打合せを行います。
翌日以降のアポイントや資料の準備、スケージュール立てを行うことで計画的に行動できるように心がけております。
メーカーの方からの情報収集も欠かさず行い、案件共有や納入事例等を確認します。
最後に日報の入力や後輩と一日の振り返りを行い、反省点や改善点の共有を行います。

退社

スポーツジム

幼少期からアイスホッケーをしており、今でも続けていてトレーニングを退社後に行っております。
仕事とプライベートのメリハリをつけ、思いっきり汗をかくことで健康維持に努めています。