メニュー

SNS・ブログ

横浜F・マリノス/VICTORYユニ

カテゴリ: ブログ・K 作成日:2021年11月29日(月)

DM585 001

先日、日産スタジアムにサッカー観戦に行ってきました。

文化の日に開催されたガンバ大阪戦。

ダイイチにも関西弁を操るスタッフが数名いますが、もしかしてガンバ側で応援してたもしれないですね(^_^)


キッチンカーを目当てにウッキウキの前日、チケットを確認したら、あらユニフォーム付き!

購入時、「前より少し高いかも(-_-;)」と思っていたので、なるほど納得です。

 

このユニフォームは「VICTORYユニ」という名前がついていて、ちょっとクラシカルというか、1991年のJリーグ発足当初

を彷彿とさせるデザインになっています。

※正確に言うと1993〜96年頃にかけてのイメージです。


素材はポリエステル100%で、フリーサイズとキッズサイズの2種類から選べるようになっていました。

 

公式サイトの紹介文(コンセプト)を見ると、「勝利の重みが増すシーズン終盤戦。ファン・サポーターの皆様と一丸となり、

さらなるブーストをかけるために、VICTORYユニ付きチケットを企画しました」と、あります。


「“V”をモチーフにしたグラフィカルなデザインにより、勝利の伝統をアップデートし続ける、今のトリコロールを表現」とも。

ふむふむ。来年、チーム創設30年を迎えるという横浜F・マリノスの歴史を感じます(^_^)


今期の優勝はぶっちぎりで川崎フロンターレ、2位がマリノスという、神奈川県民的には来季に向けて明るいイメージ。
この記事を書いている時点では最終節まで結果がわからないという、ある意味神日程の湘南ベルマーレとS.C.相模原には現

カテゴリでの全力残留を、横浜FCには来季優勝してもらってJ1に戻って来てもらいましょー!!!

 

みんな頑張れ〜っっ(^_^)/

 

 

 

航空会社の制服/JAL②

カテゴリ: ブログ・K 作成日:2021年10月25日(月)

20211025 blog1

前回に続きまして、JALの制服を紹介したいと思います!

 

現在着用しているのは昨年4月にリニューアルされたもので、デザインは、ファッションブランド「EZUMi(エズミ)」デザイ

ナーの江角泰俊氏。

※今年4月まで着用されていた「シュウ ウエムラ」のユニフォームも、彼のデザインです。

 

客室乗務員については、” Hybrid Modern Beauty” をテーマに、「洗練されたハイブリットビューティ」「ハイブリッドが生み出

す、現代的な美しさ」を表現しているとのこと。(上のイラストです)

※公式サイトより

 

多様な働き方を実現するため導入したというパンツスタイルは、ワンピースと並んだ際に同じ印象となるバランスで実現したそ

うで、とってもステキ (^_^)

ふわっと女性らしさのあるバルーンスリーブのブラウスにアクティブなパンツというスタイリングは、そのギャ ップゆえか、

エレガントに見えます。

 

一方男性は、襟に赤のパイピングで一見おとなしめのデザインと思いきや、袖の4つボタンと開き見せ、さらにはサイドベント

の持ち出し部分に赤が配されています。

イラストは正面を描いたので見えないのですが、動いた時にチラッと見える感じで、実はバックシャンなのです。

後ろ姿の方が素敵だったりして(^_^)

 

20211025 blog2そして、左のイラストは地上接客部門

 

基本のジャケット・ブラウス・スカートスタイルに新たに加わったワンピース。

客室乗務員と同じコンセプトでデザインされていますが、4分袖くらいのタイ

トな袖がつけられていて、スカート部分には赤のパイピングが施されています。

 

デザイン的にはスタンダードなイメージですが、、スカーフにちりばめられた

約20色のフラワープリントが、とっても華やかでカワイイ仕上がりです。

カウンター越しの笑顔に花を添えるという、まさに言葉通り (^_^)

 

ほかにも、沖縄地区において夏季に着用するかりゆしウェアというのがあるの

ですが、こちらも5つの沖縄の花をデザインしたという大胆な花柄プリントの

シャツスタイルになっています。

 

気になる方は、JAL公式サイトを検索してみてくださいね〜(^_^)/

 

 

 

航空会社の制服/JAL①

カテゴリ: ブログ・K 作成日:2021年10月13日(水)

20211013 1

最近、続けて航空会社のスタッフや現状を紹介する番組を目にしました。

しばらく飛行機に乗ってないなー、なんて少し寂しく思いながら別の番組を見 ていたら、丸山敬太さんがチラッと映りました。

 

丸山敬太さんとは、1994年にコレクションデビューした人気のファッション ブランド「KEITA MARUYAMA」のデザイナーで、

JALのユニフォームを手 がけています。

といっても、昨年4月から11代目にリニューアルされていて、彼がデザイン したユニフォームは、今空港に行っても見ること

ができないのですが。

 

20211013 2で、その10代目にあたる制服にリニューアルされるというニュースを目にした

当時、客室乗務員のワンピースが可愛くて、「ここで紹介しよ〜っと♪」なんて

思っていたんですよね。

う〜ん、いろいろ蘇ってきました。

 

そんな訳で、私のお気に入りワンピースを、(満を持して?)描いてみました。

←左がそのデザインです。

 

差し色の赤(JALカラー)の分量と、幅広の白いカフスが特に好きなポイント。

個人的熱愛ワンピです(^_^)

 

現在着用中の11代目ユニフォームにつては、上のイラストがそのデザイン。

こちらも袖に特徴のある素敵なワンピースです。

 

今回は上半身のイラストのみですが、他のアイテムも含めて、また別の機会に

ご紹介できればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品工場の白衣/雪印メグミルク

カテゴリ: ブログ・K 作成日:2021年09月08日(水)

20210908 1

先日、ボーッとテレビを見 ていたら工場の白衣が映 りました。

水色に白の配色がかわいい イメージで、どこのかな〜 と注目して見ていたら雪印メグミルクさんのユニ フォーム。

 

メグミルクと言えば、赤いパッケージのイメージだったので少し意外に感じた のですが、そういえば雪印のロゴマークはブルーでしたね。

ふむふむ、納得です(^_^)

 

その画面から私が確認できたアイテムは、帽子・ブルゾン・パンツの3点でした。

いちばん特徴的なのは、アシンメトリーな胸の切り替えが目を引くブルゾン。

清潔感のある爽やかな配色に、右胸の丸いラインが優しいイメージです。

でもなんで丸くしたんでしょうね???

雪印のシンボルマークの角が丸くなっているで、そのイメージかな?

 

20210908 2←そのマーク、私の画力では、だいたいこんな感じ になりますが、皆さんにもお馴染みですよね!

雪印メグミルクの公式サイトによると、雪の結晶と ミルククラウンの融合を表したデザインなのだそうで、真ん中の星は、北極星なんですって。

なんかロマンを感じます、ステキ★★★

 

さてこの工場白衣、もうひとつ秘密…というか特徴がありまして、リサイクル 素材で出来ています。

一着あたり約18〜29本の使用済みペットボトルを使用していて、年間だと 57,000本くらいになるそうです。

 

特に大企業では、早くから当たり前に環境問題やSDGsに取り組んでいます が、ユニフォームにもできることが沢山あります。

 

一番取り入れやすいのは、ペットボトルや植物からできる環境配慮型の素材を使用したエコ商品の選択でしょうか。

他にも、森林・海洋保護などに投資するカーボンオフセットシステムや、使用済みユニフォームからポリエステル糸にリサイクルができる「循環型」ポリエ ステルリサイクルシステムの活用など、思いのほか選択肢があります。

 

「これから取り組みたいけど何がいいのかな〜」、そんなふわっとした感じでも 大丈夫です。

ご遠慮なくご相談くださーい(^_^)/

 

 

東京2020オリンピック/開会式の選手団ユニフォーム

カテゴリ: ブログ・K 作成日:2021年08月02日(月)

20210802

ついにオリンピック、始まりましたね!!!

普段はテレビで見ることのできない競技も沢山あって、ルールがわからないながらも楽しいのですが、まずは開会式のテレビ画面に釘付けになりました。

 

無観客で質素な雰囲気ながらも、各国選手団の入場行進は、さすがに華やか。

そのコスチュームは、ざっくり4つに分けられるでしょうか。

 

①民族衣装テイスト:トンガ、ハイチ、カメルーン、ザンビアなど。

 ②スポーツテイスト:イギリス、イタリア、エクアドルなどのジャージスタイル。

 ③フォーマルテイスト:アルバ、エルサルバドル、カザフスタンなどのジャケットスタイル。日本もここですね。

 ④ジャパンテイスト:キリバス(ニットシャツに桜&富士山プリント)、キルギス(民族衣装に青海波&桜の刺繍)など。

 

特に旗手は目を引くデザインばかりですが、今回は、選手団の男性に注目してみました。

一般的には、デザインの制約が少ない女性の方が注目されがちですが、民族衣装テイストのデザインは別。

その国らしさに加えて、力強さや華やかさがあります。

 

そんな中、私好みのジャケットコーデを発見っ!!!

派手さはないものの、大人男子の素敵スタイル、2カ国分ですが紹介しますね。

 

20210804 1Bermuda

入場行進の後半で、私の目が釘付けになってしまったのはバミューダ諸島

おそらくネット検索でもあまり出てこないと思われるので、どうしても紹介したくなりました。

 

アイテムとしてはスタンダードな紺ブレ+パンツなのですが、なんと薄いピンクのハーフパンツ。

そう、国名からもお察しかと思いますが、バミューダパンツです。

しかも、ふわふわウエーブヘアの大人男子がハイソックス!!!!!

スッキリ短髪のイケメンもハイソックス!!!!!

か、かわいい (´∇ `*)ポッ

 

ピンクのバミューダパンツ、もしかして日本の桜をイメージしてくれたのかしら?なんて思ったりして。

ちなみに、マスクもピンクでした。

 

 

El Salvador

そしてエルサルバドル

ボ〜ッとテレビ画面を眺めていた前半、ホストタウンがお隣の藤沢市というコメントに目が覚めました。

一気に親しみが増すという、単純なシステムが発動 (^_^)

 

アイテムは、こちらも白いトリミングの爽やかな紺ブレ+パンツです。

ふ…普通じゃん ( ̄▽ ̄)

20210804 2

 いやいや、このパンツの柄がと〜ってもカワイイのです❤︎❤︎❤︎

 テレビ画面ではわかりにくいのですが、エルサルバドルの特産品であるコーヒー豆の赤い果実柄を散らしたデザイン。

 

男性のジャケットスタイルでパンツが柄生地って珍しいですよね。

 濃色(青緑?)のベースカラーで引き締めているので、子供っぽくならずに素敵な仕上がり。

 

 

 

今回の選手団の中で、個人的にはこのエルサルバドルのコーディネートが一番好きでした。

 

 

以上、ピックアップしたのは上記2カ国のみですが、ジャケットが似合う肩幅と胸の厚さはさすがスポーツマン。

どの国の選手もカッコよかったです。


余談ですが、開会式の後半、何色が多いのかな〜と思ったら気になってしまい、カウントしながら見ていました。

結果、「は行」ベラルーシ以降の約50カ国に限ってではありますが、紺がダントツで多かったです。

紺が好きなのは日本人だけじゃないんですね〜(^_^)