メニュー

スタッフブログ

ぐし縫いだけでマスク作ってみた

カテゴリ: ブログ・K 作成日:2020年06月17日(水)

MASK 1

時差出勤や時短、テレワークなどで自分の時間は増えたけど、やることなくてボーっとしている人いますか?

スマホばかり眺めるのもなんだし、テレビを点けても再放送や総集編、新型コロナウイルスのニュースばかりで気が滅入る。

 

今回は、そんな私のような人にもオススメ!

一心不乱に取り組める単純作業として、プリーツマスクを作ってみました!

 

とはいっても、ミシンなんか出すの面倒臭〜い(-o-)

道具は極力使いたくないので、針と糸切り用のハサミだけでチャレンジです…どんだけモノグサなのかしらね、わたし^_^;

 

材料は、今ウチにあるものだけと決めて、引き出しをゴソゴソ。裁断もしたくないという思いが届いたのか、ミニハンカチが

見つかりました。20cm 角くらいの、何十年も前に使っていたゾウさんのイラスト。

いやいや、この柄のマスクはちょっと…(^_^;

 

ってことで、元のハンカチに戻せるように、ぐし縫いだけで作ります。

あとはパン袋の口などをネジネジ留めているワイヤーと、手近にあったヒモを使うことに。

(使用済みマスクから取り出したノーズワイヤーとゴムひもがあれば断然そっち)

 

寸法も測らず、線も引かず、全て目分量でざっくり超テキトーなスタート。

チクチクぐしぐし苦節数時間、案の定な仕上がりです(-_-;)

とはいえ、使う生地と糸色を選んで、きちんと寸法を測り、アイロンも使えばキレイに出来るはず!…と思うのです、ハイ。

※マスクを使う場合は、インナーシートを装着します。

MASK 2

今回はぐし縫いだけで仕上げましたが、楽しくなってきたらプリーツ裏側の谷折り部分にもぐし縫いを追加すれば、洗濯しても

アイロン無しでイケますね♪♪♪

 

そう言えば皆さん、私は同じだと思っていたのですが、「なみ縫いは3〜4mm、ぐし縫いはそれより細かい2mm 程度の針目」

だって知ってました?

家庭科で習ったかな〜、全く覚えていないです(-_-;)